開幕まであと僅かとなってきた2014年ブラジル・ワールドカップ。

待ちきれない思いも強くなりつつあるなか、過去大会の全ゴールを振り返ってみたい。今回は2010年の南アフリカ大会。

同大会には32か国が参加し、64試合で計145ゴールが生まれた。スペイン代表が初制覇を飾り、得点王は トーマス・ミュラー、ディエゴ・フォルラン、ダビド・ビジャ、ヴェスリー・スナイデルの4人が5得点で並んだ。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

日本代表はアジア最終予選A組で2位となり本大会に出場。 岡田武史監督のもとオランダ、デンマーク、カメルーンと同組となったグループEを2位で突破したものの、決勝トーナメントでパラグアイの前に敗れた。