ロシアのゼニト・サンクトペテルブルクは25日、アルゼンチン代表DFエセキエル・ガライをベンフィカから獲得したことを発表した。契約期間は5年。

ガライは27歳のセンターバック。ラシン・サンタンデールから2008年にレアル・マドリーへ移籍したものの振るわず、2011年にベンフィカへ移籍。しかしその後ポルトガルの地で再び評価を高め、2013-14シーズンはベンフィカの三冠に貢献。アルゼンチン代表にも定着しており、現在行われているブラジルW杯でもレギュラーとして活躍している。

一方のゼニトは、2シーズン連続でCSKAモスクワに次ぐ2位。今年3月にルチアーノ・スパレッティ監督が解任され、現在はチェルシーやポルトなどで指揮を執ったポルトガル人のアンドレ・ヴィラス=ボアス監督がチームを率いている。