オンラインカジノサービス『888.com』はルイス・スアレスとのスポンサー契約を解消すると発表した。

『888.com』はオンラインカジノを扱っており、かつてはミドルズブラやセビージャといったクラブのユニフォームの胸スポンサーを務めるなど、スポーツへの進出も積極的な企業である。

そんな同社は、2013/14シーズンのスアレスの輝かしい活躍を受けて先月よりスアレスとスポンサー契約を締結していた。しかし、例の“噛み付き騒動”により早くも1ヵ月間でその契約を解消。"Regrettably(残念だが)"という言葉で、その短すぎる契約の終了を発表した。

ちなみに現在、adidas社もスアレスとのスポンサー契約から撤廃するのではないかという報道があり、今後、スアレス周辺企業の動向にも注目が必要である。