7月11日、『Ahram』は「アル・アハリは、エジプト代表DFアハマド・ファティがアーセナルの練習に参加する」と発表した。

アハマド・ファティ・アブドゥルムニーム・アハマド・イブラヒム、通称”アハマド・ファティ”は1984年生まれの29歳。右サイドのウイングバック、サイドバックが本職であるが、さらに左サイドやボランチでのプレーが可能なユーティリティープレーヤーで、豊富な運動量と鋭いクロスボールを持っている。

イスマイリーの下部組織で育成された選手で、若干17歳にして代表に定着。アフリカ・ネイションズカップにはこれまで4大会に出場し、3度の優勝を飾った。2012年のロンドン五輪にもオーバーエイジで参加していた。

2007年からはアル・アハリでプレーしているが、それ以前にはシェフィールド・ユナイテッドで、そして2013年にはハル・シティに移籍しており、成功はしていないもののイングランドでの居住経験もある。

今夏彼はアル・アハリとの契約が満了を迎えているため、もしアーセナルに加入することになったとしても移籍金は発生しない。


アラー・アブドゥル・サディク アル・アハリ監督

「ファティはアーセナルで1週間のトライアルを受けることになるだろう。もし彼が技術面、そしてメディカルのテストに合格すれば、彼はプレミアリーグに歩みを進めるはずだ。

彼は、アーセナルとの合意に達しなければアル・アハリに帰ってくるということを約束している」