かつて炭鉱の町として栄えたというゲルゼンキルヒェンを本拠地とするシャルケ。

炭鉱はクラブの愛称のひとつ“Die Knappen (The Miners≒鉱夫)”にも刻まれているほどシャルケにとっては馴染み、繋がりが深いものだそう。

そんなシャルケのフェルティンス・アレーナにある選手たちがロッカールームからピッチに向かうためのトンネルがこのほどリニューアルされた。 それはまさに炭鉱をデザインしたものであった。以前のものと比べるとその違いは一目瞭然。

!!

雰囲気ありありで選手としてはピッチに出る前に気持ちが上がる”ことだろう。