今年からマーケティングパートナーを博報堂から電通へ切り替えたこともあり、様々な変化が見られるJリーグのプロモーション。

先月からYouTubeのリーグ公式チャンネルでスタートした『Jリーグ イケメン図鑑』も数ある新企画のうちの一つであるが、5日、南野拓実(セレッソ大阪)に続く第2回として、飛ぶ鳥を落とす勢いの日本代表MF、武藤嘉紀(FC東京)が登場した。

どちらかと言うとカワイイ系の女性が好きだという武藤。

昨日行われたアギーレジャパンの初戦、ウルグアイ戦では、58分から皆川佑介に代わって出場すると、入ってすぐの頃はやや浮ついたプレーでミスも目立ったが、時間の経過とともにゲームにフィットし、終盤には胸トラップから左足で豪快なボレーシュート。惜しくもポストに阻まれたものの、この日の日本代表が最もウルグアイゴールに近づいた瞬間であり、今後の活躍に期待を抱かせるものだった。

武藤は2011年、FC東京U-18からのトップ昇格を断り、慶應義塾大学へ進学(高校も元々慶應義塾高)。今年からFC東京とプロ契約を結び、ここまで20試合でチームトップの7ゴールを記録している。