9月7日、『AFP』は「アルゼンチン警察は、7月にカルロス・テベスの父親を誘拐した犯人グループとみられる4名を逮捕した」と報じた。

逮捕されたのは22~27歳の3名の男性と1名の女性。そのうち2名はパラグアイ人であり、1名の男性と1名の女性は兄妹であるとのこと。

カルロス・テベスの父親であるセグンド・テベス氏は、7月29日に自家用車を運転している最中に犯人グループの攻撃を受けて拘束された。

→(参考)テベスの父が誘拐されるも、無事解放

→(参考)テベス、父の誘拐事件を嘆くも「それでもアルゼンチンが好き」

犯人グループは当初セグンド・テベス氏をカルロス・テベスの父親だとは気付いていなかったものの、その事実を発見した後に家族に対して身代金を要求した。

事件当時の報道では身代金が支払われたかどうかははっきり報じられていなかったが、今回の記事によると60万ペソ(およそ750万円)程度が犯人グループの手に渡っているとのことである。