云わずと知れたフットボール界のスター、リオネル・メッシ。

そのメッシが生まれたロサリオの街である法律ができるとか。地元ラジオが火曜日に伝えたこととして『mundodeportivo』が紹介している。

なんでも“混乱を引き起こす”との主張によって、 ファーストネームにMessiと名付けることが法律で禁止されるそう。 エクトル・バレラさんという方が自分の子供にMessiという名前をつけたところ、 ロサリオの当局者はこれ(子供にメッシと名付けること)が広まり、社会現象になる前に未然に防ごうとしたという。

バレラさんは「世界最高の選手の名前を自分の子供につけた最初のアルゼンチン人になれた」ことは誇らしいと語っているそうだが、ロサリオの戸籍課?担当者のゴンサロ・カリージョさんはバレラさんは先例で、今後は法律が変わるだろうと認めたということだ。

(前述の混乱についてだが、本来ファミリーネームであるMessiをファーストネームに使うことの混乱ということだろうか。建前かもしれないが・・・)