9月24日に行われたフランス・リーグアン第7節、カーン対パリ・サンジェルマンの試合での場面。

今季厳しいスタートになっており、チーム内での不和や退団を希望している選手がいると報道されるなど、難しい状況になっているパリ・サンジェルマンであるが、この試合は0-2で勝利を収めることに成功。マルセイユに次ぐ2位に浮上した。

そして、イブラヒモヴィッチが欠場したこの試合、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがワントップのポジションを与えられて先発。いつもはサイドからサポートに回る彼も、久々の機会に喜びを見せたのか、このような鮮やかなヒールトリックを見せた。


また、この試合では開始直後にエセキエル・ラベッシがヒールパスをした際に太ももを痛め、前半早い時間で交代を余儀なくされている。

また、後半には前に飛び出したシリグがクリアミスを犯して大変な状況になったものの、それを自ら超反応で止めるという珍しい場面もあった。