『Express』は「アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの現状は残念だと話した」と報じた。

現在パリ・サンジェルマンでプレーしているエディンソン・カバーニ。世界屈指のストライカーという評価を受けながらも、クラブではズラタン・イブラヒモヴィッチのサポートに回らざるを得ない状況で、3トップのウイングとして起用されている。

アーセン・ヴェンゲル監督は、先週末に行われたパリ・サンジェルマン対リヨン(1-1のドローで終わった)を前にして以下のように話し、彼の状況は残念なものだと話した。


アーセン・ヴェンゲル アーセナル監督

「私は選手としてのカバーニを好んでいる。彼の態度が好きだ。しかし、彼のプレーは少しハンドブレーキがかかったままのようだ。彼自身を表現できていないように感じるよ。

同時に、イブラヒモヴィッチがパリ・サンジェルマンで突出した位置にいることも確かだ。彼の周りのアタッカーにはスペースが生まれる。

我々はカバーニの時間がいつか来ると言い続ける。もちろん当然来るだろう。しかし、彼が完全に開花したようには感じない。それが来ることを願っている」