9月18日、『Skysports』は「アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、クリスティアーノ・ロナウドとディディエ・ドログバの獲得に近づいていたと悔やんだ」と報じた。

才能ある若手選手を好むことで知られるアーセン・ヴェンゲル監督。スポルティング・リスボンで若くして台頭したロナウド、そしてル・マン時代に活躍を見せたドログバに目を付けていたことは特に不思議なことではないが、彼らとのサインに失敗したことについては未だに悔んでいると話した。


アーセン・ヴェンゲル アーセナル監督

「私の最大の後悔は、クリスティアーノ・ロナウドとの契約に近づいていたことだ。我々が獲得できなかったことだけでなく、彼はマンチェスター・ユナイテッドと契約した。それはもちろん、未だに痛いことだ。

私は2つの理由でディディエ・ドログバを指導したいと思っていた。1つは、彼がル・マンでプレーしていたときに逃していること。トップリーグですらなかったが、私は彼が非常にいい選手だと知っていた。

2つ目は――彼はビッグゲームで我々を痛めつけてきた。もしそうなっていたら、こんな苦痛は起こらなかったはずだからね」