アーセナルの指揮官、アーセン・ヴェンゲルは近年選手たちをマネージメントするためのアプローチを変更したことを明かした。

ヴェンゲルによれば、選手たちにち対してより敏感であるべきだと『Arsenal Magazine』で明かしている。

「最近の(=若い)世代は特徴的で、特に”何故?”と言うように思う。監督する人間に対してきちんと説明する必要があるんだよ。以前よりも情報を持っており、教育されている。そしてもっと知りたがっているんだ」

「何故それをするのか、その全体の目的は何か、について説明しなければいけない立場にある。そして、コミュニケーションを拡げる要求も多いね」

「監督であり、決定を下す場合、20年、30年前よりも多く説明する必要があるんだよ」

「現代社会は苦痛が少ないことを望んでおり、苦しまないことを望んでおり、そして生活の全ての側面において良い扱いを受けたがっている。歯医者に行くにしても働きに行くにしても、いずれにせよ苦痛は消さねばならない」

「それが人をマネジメントすることがよりセンシティブになった理由だよ。なぜなら他人に対してより細やかに接するべきであり、気を利かせるべきなんだ。社会が変化するというのはそういう事だよ」

長きにわたる監督生活の中でヴェンゲルが多くの選手と接してきたのは言うまでもない。年齢に限らず人種や国籍の異なる人間と交流の中で積み重ねてきた中で、時代の情勢に適したマネージメント方法を見出す術を身につけてきたのではないだろうか。