9月26日、『L'Equipe』は「11月22日に開催予定であったフランス・リーグアン第14節リール対エヴィアンの試合が延期となり、代替日は来年1月7日に設定された」と報じた。

サッカーの試合が延期になることは決して珍しいことではないが、今回はよくある天候やCLとの兼ね合いなどではなく、他のスポーツイベントが行われるという理由によってである。

男子テニスの国別対抗戦として知られるデビス・カップで、フランスチームはオーストラリア、ドイツ、チェコを下して決勝に進出。そしてスイスとの最後の対戦が11月21~23日に行われ、その会場がリールの本拠地であるスタッド・ピエール=モロワとなっている。

フランス全体のスポーツ面での利益を考え、両チームとプロサッカー連盟はこの試合の開催について議論を行い、最終的に予定を延期することで意見が一致。デビス・カップを優先して開催することを決定した。