10月25日、『Inside』は「バレンシアの監督を務めているヌーノ・エスピリト・サント氏は、正式にクラブの経営を引き継いだピーター・リム氏とともに歩んでいくと話した」と報じた。

今夏バレンシアのオーナーに就任したシンガポール人実業家のピーター・リム氏であるが、クラブが抱えている膨大な債務の引継ぎに関しての交渉がうまく行かず、なかなか正式に買収が完了しなかった。

しかし先日ようやく主要債権者であるバンキアとピーター・リム氏の会社であるメリトン・ホールディングスの交渉が合意に達し、ついに新生バレンシアのスタートが切られることになった。

3-1と勝利したエルチェ戦終了後、ヌーノ監督は以下のように話し、新体制での成長を期待していると話した。


ヌーノ・エスピリト・サント バレンシア監督

「チームは本当に集中していたし、競争力のある試合をした。このようにゴールに近づくアプローチをしなければならないよ。我々は楽しい時間を過ごせたし、いい試合をした。

ピーター・リム氏は試合の前後に選手を激励してくれた。ホテルにも来てくれた。これは我々にとって重要な瞬間だった。メスタージャにも信じられないような雰囲気があった。ホームでプレーすることは本当に素晴らしい。

バレンシアは毎日ピーター・リム氏とともに強くなっていく。やらなければならない仕事は沢山あるが、我々は正しい道を歩んでいる。

この状況の中で勝利することは重要だった。公平な結果だったと思う。90分間熱心に働いた。エルチェは簡単にやらせてはくれなかったが、我々は彼らの強さを打ち消した。

(負傷から復帰したネグレドについて)

彼は非常にいい10分間を戦った。彼は素晴らしい選手であり、我々に多くのものを与えてくれると確信している。ネグレド、アルカセル、ロドリゴは両立できるよ」