10月24日、リーガ・エスパニョーラのバレンシアCFは「メリトン・ホールディングスとの間の株式買収交渉が合意に達した」と公式発表した。

今夏バレンシアはシンガポール人実業家のピーター・リム氏を新たなオーナーに迎えることが決定していたが、膨大な債務の扱いについて、主要債権者であるバンキアとの間で交渉がうまく行かず、開幕からも何か月もの間交渉が続けられることになった。

既にピーター・リム氏の会社であるメリトン・ホールディングスが保有権を所有しているロドリゴやアンドレ・ゴメスをチームに引き入れており、チーム自体には既に新オーナーの意向が大きく反映されている反面、クラブの経営についてはまだ全体を掌握出来る権限を得られていなかった。

しかしようやく今回債権者、クラブ、メリトン・ホールディングスの間の交渉が全て合意に達したとのこと。これらの契約について当局からの承認を得次第、新生バレンシアが本格的にスタートすることになる。