この夏、3年半を過ごしたチェルシーを離れ、マリオ・バロテッリの後釜としてミランへ加入したスペイン代表FW、フェルナンド・トーレス。

2年間のローンという契約にミランの懐事情がうかがえるが、ひとまずここまでは9試合に出場。9月23日のエンポリ戦で移籍後初ゴールをあげている(まだこの1ゴールのみだが…)。

そのトーレスが最近、いきなり食いついたのがこのネタ。

実は先日、ドラムが趣味のチェルシーGK、ペトル・チェフがアメリカのロックバンド、フー・ファイターズ(Foo Fighters)の名曲『Walk』を“叩いてみた系”動画として自身のYouTubeアカウントから投稿。

話題となっていたのだが、これがトーレスにとってはドストライクだったようで…。

「完全にアイドル!! 最高!!」と興奮した様子でツイート。フー・ファイターズ公式にもリプライを飛ばしており、かなりのファンのようだ。

チェフも、ニルヴァーナ、フー・ファイターズあたりはLOVEなことから、チェルシー時代にロック談義をしていた可能性も?