昨晩のエンポリ戦でミラン初ゴールを決めたフェルナンド・トーレス。試合は2-2の引き分けに終わったものの、2点先行された中でのゴールはチームが巻き返すきっかけとなった。

【関連記事】「あのトーレスが帰ってきた!」 エンポリ戦でのプレーを振り返る

素晴らしいヘディングを決めたスペイン代表FWは、以下のように振り返っている。

「(ミランでの)最初のゴールにとても満足しているよ。だけど勝利がもっと重要だった」

「エンポリのように心を込めてプレーするチームと対戦する時はいつだって難しい。だけど、僕らは良いリアクションを見せたし、後半は良くなったよ」

「自分の個人的な目標とチームの目標は同じさ。ヨーロッパへの出場権だよ。いまは1つのゲームとして捉え、改善するように努力するよ」

「素晴らしい選手たちと一緒にプレーすることは常に楽にしてくれるね」

「チャンピオンズリーグや代表の試合で何度も対戦したからイタリアのサッカーについては知っていたよ。フィジカルのアプローチが多いって事もわかってたさ」