11月27日、イタリア・セリエAのウディネーゼは「スペイン代表MFアルベルト・リエラとの契約を解除した」と公式発表した。

アルベルト・リエラは1982年生まれの32歳。マジョルカやボルドー、エスパニョール、マンチェスター・シティ、リヴァプールなどで活躍した経験を持っており、スペイン代表としても2009年のコンフェデレーションズカップに出場している。

今年1月にガラタラサイを退団してフリーになっていたリエラは、3月にウディネーゼと契約し、その後ワトフォードに短期レンタルされたのちに復帰。今季はキャリア初のセリエA挑戦となったものの、出場機会はこれまでゼロと存在感を見せられず。

そしてこのたび双方合意の下で契約が解除され、冬にはフリーでの移籍が可能になったとのことである。現在のところ今後の所属先については触れられていない。