12月3日、『LiveSicilia』は「イタリア・セリエAのパレルモで会長を務めているマウリツィオ・ザンパリーニ氏は、デンマーク代表FWシモン・マキエノクが1月にクラブを離れると明らかにした」と報じた。

今夏ブロンビーからパレルモに加入したマキエノクであるが、これまでわずか3試合の出場とチャンスに恵まれていない。ザンパリーニ会長は彼が1月にチームを離れると話し、その原因は妻にもあると明かした。


マウリツィオ・ザンパリーニ パレルモ会長

「マキエノクは間違いなく去る。彼はいい男なのだが、残念ながら妻に問題があり、解決することが出来なかった。それはこの決定の裏にある理由である」


それを受けて、シモン・マキエノクの妻でありタレントとしてメディアで活躍しているイビ・マキエノクは、自身のツイッターに「親愛なる会長へ。シモンの足に問題はないわ。我々の愛にもね。見てよ。すべて大丈夫」と、X線写真とともに投稿した。

……確かにいろいろな問題がありそうな妻ではある。