補強には動かず?

パレルモの会長であるマウリツィオ・ザンパリーニは『La Repubblica』でのインタビューで、不振に陥っている現在のチーム状況についてコメントした。

「私たちは皆、心配している。このような状況になることは予想していなかった。私はこれまでよりチームの近くにいなければならない。」

チームへのバックアップを明言したが、補強を要求する指揮官ジャン・ピエロ・ガスペリーニに関して不満をあらわにした。

「ガスペリーニは補強が必要と不満を言うのはやめるべきだ。メンバーに問題はない。

私の見解では、(現在のチームは)いままでの中でも良いチームであり、今後、我々がさらに競争力のあるチームにする必要がある。

私はあまりにも長い間、クラブを去って行った選手の話を聞いてきた。構想に入っていないことを知りながらプレーをしなければいけないことを考えたよ。」

パレルモはリーグ戦において、11月24日のカターニア戦以降わずか1ポイントしか挙げておらず、現在17位と降格の危機に直面している。

(筆:Qoly編集部 C)

{module [170]}
{module [171]}
{module [190]}