12月4日、『Ghanasoccernet』は「ガーナ代表監督に就任したアヴラム・グラント氏は、ワールドカップで追放されていたケヴィン=プリンス・ボアテングとサリー・アリ・ムンタリを呼び戻す考えを明らかにした」と報じた。

今夏行われたワールドカップの最中、ボアテングとムンタリの2名は問題行動があったとしてチームから追放され、無期限で代表の招集から外れると発表されていた。のちに彼らは連盟の金銭的な問題を追及しただけだと話しており、両者の言い分には差がある状態となっている。

しかしアヴラム・グラント新監督は「全ての選手にドアが開いている」と話し、彼らにも戻ってきてもらう方針を明らかにしている。


アヴラム・グラント ガーナ代表新監督

「国のために全てを与え、重要なのは代表チームの競争力であるということを理解している選手ならば、誰にでもドアは開いている。このユニフォームに誇りを持ち、チームに情熱を持ち、そして品質を備えているいかなる選手にもだ。ブラック・スターズのドアは開いている。

新しい状況に足を踏み入れるとき、過去に何が起こったかを振り返る必要はない。新しい始まりを見るべきだ。しかし、過去のいいものも悪いものを見て、学ぶことも必要だが。

(規律に厳しいと言われているが?)

私はただ規律があるだけでは選手は選ばない。しかし、規律のない選手はチームに入れることはできないだろう。それは生活の方法だ。したがって、私は規律を持って動くし、彼らも規律を守る必要がある」

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★