プレミアリーグでもひとつ抜けた強さを誇るチェルシーにおいていまや欠かせぬ存在となったMFネマニャ・マティッチ。

そんなマティッチが先日のアウェー、ストーク戦で記録したというスタッツが話題になっている。それがこちら。

 

マティッチはブリタニアでの激しい試合にフル出場、守備面で圧倒的な貢献をみせていたようだ。なお、チームもテリーとセスクのゴールで勝利を収めている。

激しい戦いを終え「ストークがホームでとてもいいということは分かっていた。とてもハードな試合だった。でもどのチームもここではハードなものになるし、なので勝ち点3を獲ることは素晴らしいこと」 と語ったというマティッチ。キャプテン、テリーも「僕はネマニャ・マティッチにクリスマスにとっても素敵なものを買ってあげるよ! 彼は別のレベルにあった。全てのヘディングに勝っていたし、全てのタックルを決めていた。彼は今年覚醒しているよ」と絶賛していた。

ストーク戦ではミケルとともに中盤を制圧していたというマティッチ。Sky Sportsによれば彼の加入後、彼のいた時といなかった時ではこんなにも差が出ているそうだ。まさに“守護神”である。