エヴァートンはマンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表MF、アドナン・ヤヌザイのローン移籍を目指しているようだ。

19歳のヤヌザイは2013年からユナイテッドと5年の契約を結んでおり、クラブからはライアン・ギグスの背負っていた11番を与えられるなど高い期待を寄せられている。指揮官のルイス・ファン・ハールもヤヌザイに期待しているが、夏の大型補強もあり、結果的にヤヌザイへ与える出場機会が限定されている。

『People』によれば、ルイス・ファン・ハール監督はヤヌザイに対して1月からのローン移籍を認める意向であり、エヴァートンが短期のローン移籍先として有力のようだ。エヴァートンにはベルギー代表のチームメイトであるケヴィン・ミララスやロメル・ルカクが在籍しており、大きな飛躍のきっかけになると考えられている。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら