イラクサッカー連盟は、来年1月9日に開幕を迎えるアジアカップ2015に向けた代表メンバー23名を発表した。

ここもバーレーン、サウジアラビア、クウェートと同じくガルフカップ終了後に監督を変えたチームの一つであるが、結局のところそれほどの驚きはない継続的なリストとなった。

期待されていたシドニーFCのアリ・アッバースは直前の試合で大怪我を負って来年の大半も棒に振ることになり、もちろんここには出場できず。第2次黄金世代のエースストライカーであるムハンナド・アブドゥル・ラヒーム(日本の放送ではカラルと呼ばれていたが)も怪我で離脱中だ。

何もないのに抜けたと言えば、FWアムジャード・ラディと大ベテランFWマフディ・カリームの2名。

前者は頻繁に攻撃陣のサブとして使われてきたが、ユーニス・マフムードの下位互換のような選手なのでこのチームでは使いにくい。

後者はガルフカップでキャプテンを務めた選手だが、最近ウイングから右SBにコンバートされており、どうもチーム自体が使い方に困っている感もあった。サマー・サイードとワリード・サリムがいれば右SBは問題なく、ベテランの役割はマフムードとサラム・シャーキルがこなすとすれば、必然的に彼を呼ぶ意味も薄くなるだろう。

この結果、チームはサラム・シャーキル、ユーニス・マフムード、アラー・アブドゥルザフラ、ジャスティン・ミーラム以外が全員23歳以下という非常に若い年齢層となっている。

GK:

1:アリ・ヤシーン / Ali Yaseen Yas
(ナフト・アル・ジャヌーブ)

12:ジャラル・ハッサン / Jalal Hassan Hajim
(アルビル)

20:ムハンマド・ハミード / Mohammed Hameed Farhan
(アル・シュルター)

DF:

2:アハマド・イブラヒム / Ahmed Ibrahim Khalaf
(アジマーン/UAE)

3:アリ・バハジャート / Ali Bahjat Fadhil
(アル・シュルター)

4:アリ・ファイズ・アッティヤー / Ali Faez Attiya
(アルビル)

6:アリ・アドナン・カディーム / Ali Adnan Kadhim Nassir Al-Tameemi
(リゼスポル/TUR)

14:サーラム・シャーキル / Salam Shakir Ali Dad
(アル・シュルター)

15:ドゥルガーム・イスマイール / Dhurgham Ismail Dawood Al-Quraishi
(アル・シュルター)

18:サマー・サイード・マジビール / Sameh Saeed Majbel
(バグダッドFC)

23:ワリード・サリム・アル・ラミ / Waleed Salim Edwereag Al-Lami
(アル・シュルター)

MF:

5:ヤースル・カーシム / Yaser Safa Qasim Al Qadefaje
(スウィンドン・タウン/ENG)

7:アムジャード・カラーフ / Amjad Kalaf Mansour Al-Muntafiq
(アル・シュルター)

9:アハマド・ヤシーン / Ahmed Yasin Gheni
(エーレブロー/SWE)

11:フマム・タリク / Humam Tariq Faraj Na'oush
(アル・ジャフラ/UAE)

13:ウサマ・ラシド / Osama Jabar Shafia Rashid
(アルフェンセ・ボーイス/NED)

17:アラー・アブドゥルザフラ / Alaa Abdul-Zahra Khashen Al-Azzawi
(アル・シュルター)

19:マフディ・カミール・シルターフ / Mahdi Kamil Shiltagh
(アル・シュルター)

21:サード・アブドゥラミール / Saad Abdulameer Luaibi Al-Zirjawi
(アルビル)

22:アリ・ハースニ / Ali Husni Faisal
(アル・ミナー)

FW:

8:ジャスティン・ミーラム / Justin David Meram
(コロンバス・クルー/USA)

10:ユーニス・マフムード / Younis Mahmoud Khalef
(無所属)

16:マルワン・フサイン / Marwan Hussein
(アル・シュルター)