1月3日、オランダ・エールディビジのアヤックス・アムステルダムは「リーガ・エスパニョーラのバルセロナからカメルーンU-20代表GKアンドレ・オナナを獲得した」と公式発表した。

アンドレ・オナナは1996年生まれの18歳。カメルーン生まれであるがバルセロナの下部組織で育成されたゴールキーパーで、昨年のUEFAユースリーグのGKでは6試合でフル出場するなどフベニールAの主力選手であった。

昨年夏にはアーセナルも獲得に乗り出していた有望株で、さらに彼とバルセロナとの契約は2015年6月30日で満了となる見込みとなっていた。

アヤックスは彼との間で2018年6月30日までとなる3年半の契約を結んだと発表しているが、発生した移籍金の額については明かされていない。