日本で昨年、ブラジルW杯やソチ五輪とともに大きな盛り上がりを見せたスポーツイベントの一つといえば、テニスの全米オープンであろう。日本の錦織圭が最後はマリン・チリッチに惜しくも敗れたものの、男子シングルスでアジア選手として初の決勝進出。世界ランキング1位のノヴァク・ジョコヴィッチを撃破するなどその快進撃に日本中が沸いた。

テニスは4大大会である全豪、全仏、ウィンブルドン、全米の「グランドスラム」を中心に回っており、年が明けてこの1月から開催されるのがオーストラリアの全豪オープン。現在は前哨戦にあたるブリスベン国際が開催中で、錦織がシングルスの準々決勝まで勝ち進んだことが日本でも伝えられている。

そのブリスベン国際において、サッカーファンにはちょっと興味深いシーンが見られた。

女子でこの大会に出場し、錦織と同じくベスト8まで勝ち進んでいるアナ・イヴァノヴィッチ。そして彼女の隣に、どこかで見たことのある人が・・・。

そう、彼は昨年のW杯優勝メンバーである30歳のドイツ代表MF、バスティアン・シュヴァインシュタイガー! 9日から始まるバイエルン・ミュンヘンのカタール合宿を前にブリスベンを訪れていたようだ。

シュヴァインシュタイガーとイヴァノヴィッチ。昨年10月に密会が報じられて以降、交際が噂されていた二人だが、やはりスポーツ界のビッグカップルは誕生していた模様。

ということはつまり、あのサラ・ブランドナーさんとは本当に別れたということに・・・。

アナ・イヴァノヴィッチは27歳のセルビア人テニスプレーヤー。2008年に4大大会の一つ、全仏を制している元世界ナンバー1選手で、現在の世界ランキングは7位。

強打を武器にしており、自慢のハードヒットでシュヴァインシュタイガーのハートも打ち抜いたのかも?