中国1部リーグ第3節、広州恒大vs長春亜泰戦でこんなシーンがあった。

広州恒大のフリーキックからフリーになったFWガオ・リンがジャンピングボレーであわせゴラッソ!かと思いきや、最後に味方FWエウケソンが触れたとしてオフサイドの判定でゴールは取り消しに・・・。

ガオ・リンは判定に猛抗議、エウケソンは触れていないとアピールしていたようだ。飛び跳ねて歓喜していたファビオ・カンナヴァーロ監督も笑顔から一転「WHY?」というような表情を浮かべていた。まるでクリアでもするかのように必死でボールに触りにいったエウケソン、これがフォワードの性なのだろうか・・・。触れているのかいないのかは微妙なシーンではあったが。

結局試合は1-1のドローで終了。

これと似たようなことがかつてクリスティアーノ・ロナウドとナニにもありましたが。。。それはまた別の機会に。