5月6日、『Giornale di Sicilia』は「パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長は、退団の噂があるパウロ・ディバラについてはあと15日以内に去就が決定すると話した」と報じた。

今季セリエAで大ブレイクを果たしたパウロ・ディバラ。今夏のマーケットで最も注目される選手の一人となっており、チェルシー、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、ユヴェントス、インテル、パリ・サンジェルマンなどが興味を示していると報じられている。

移籍金については4000万ユーロ(およそ52億円)以上が求められているが、いくつかのクラブがそれだけの額を支払う準備があるとも伝えられている。

パレルモの会長を務めているザンパリーニ氏は、今後10~15日間に取り引きを完了させるという意向を示し、3つのクラブが候補になっていることを明かした。

マウリツィオ・ザンパリーニ

「少なくとも3つのチームが彼に本当に興味を持っている。機は熟し、我々はそれを選ぶ準備が整った。10日、あるいは最大で15日後には、ディバラの将来を知ることになるだろう。

私は選手、そして代理人と会い、彼の可能性を生かすための取り引きを実現させるだろう」