ブンデスリーガの公式Youtubeチャンネルは、ブンデスにおけるここ最近のフリーキック“KING”たちを特集した動画を公開。

ハノーファー96でプレーする日本代表MF、清武弘嗣も堂々のランクイン!当然ながら現役最強との呼び声も高いハカン・チャルハノールもピックアップされているが、No.1にランクされたのは彼ではなかった。

清武は9位にランクイン。その他の選手は以下の通り。

DF、クリスティアン・パンダー(現ハノーファー96)
MF、ヌリ・シャヒン(現ドルトムント)
FW、アリエン・ロッベン(現バイエルン)
MF、マルコ・ロイス(現ドルトムント)
MF、ズラトコ・ユヌゾヴィッチ(現ブレーメン)
MF、ラファエル・ファン・デル・ファールト(現ハンブルガーSV)
DF、クリスティアン・フックス(現シャルケ)
MF、ハカン・チャルハノール(現レヴァークーゼン)
MF、セヤド・サリホヴィッチ(現ホッフェンハイム)

チャルハノールを差し置いてNo.1にランクされたサリホヴィッチはボスニア・ヘルツェゴビナ代表として昨年のW杯でもプレーしたレフティー。その左足は同国史上最高ともいえるほどの精度を誇る。

また、ブレーメンでプレーするユヌゾヴィッチは27歳のオーストリア代表MF。代表でもキッカーを任されるなどセットプレーを得意としている選手である。