6月16日、フランス・リーグアンへの昇格が決まっているアンジェSCOは「トゥールからビリー・ケトケオポムポンを獲得することが決定した」と公式発表した。契約期間は2年。

ヴィレーポン・ケトケオポムポン(ケトケオフォムフォン)は1990年生まれの25歳。ラオス出身の両親を持つフランス生まれのアタッカーで、クレールフォンテーヌ・アカデミーや名門ストラスブールの下部組織で育成された選手である。

トップチームに昇格後はそれほど重要な存在になれず、2011年にはスイスへと移籍。短期間で退団した後、無所属の期間を経て2012年にトゥールに入団した。

昨季からはレギュラーとして主にサイドに配置され、スピードと切れのあるドリブルで活躍。2年で19ゴールをあげるなど結果を残し、評価を高めていた。

かつて鈴木規朗選手も所属したことで知られているアンジェは、今季リーグ・ドゥで3位となり昇格が決定。既にイスマエル・トラオレ(ブレスト)、スレイマヌ・シソコ(ヴァンデー・リュソン)と2名の獲得が決定していた。