6月21日、『BBC』は「代表監督を務めているスティーヴン・ケシ氏がコートジボワール代表監督の候補に名前があがったことについて、ナイジェリアサッカー連盟が調査を始めている」と報じた。

コートジボワール代表監督を務めていたエルヴェ・ルナール氏は、今夏フランスリーグのリールへと去ることが決定した。

それを受けてコートジボワールサッカー連盟は新たな監督に立候補してきた59名の名前を公式サイトで発表。その中には元フランス代表のレイモン・ドメネク、前アイルランド代表のジョヴァンニ・トラパットーニなど大物が含まれていたが、最も驚きを与えたのは現ナイジェリア代表監督のスティーヴン・ケシ氏が入っていたことだった。しかも、彼は4月に連盟と契約を更新したばかりである。

ナイジェリアサッカー連盟はこれを受けてこれらの状況を調査することを発表し、監督自身のヒアリングやコートジボワール連盟への聞き取りなどを行うと宣言した。

アデモラ・オライーレ
(ナイジェリアサッカー連盟広報)

「連盟は全ての点において調査を開始する。スティーヴン・ケシが本当にコートジボワールに申し込んでいたのかどうか。

性急な決定はしない。我々は、コートジボワールから完全な声明が得られることを望んでいる」