7月7日、元アメリカ代表FWフレディ・アドゥは自身のツイッターで現在所属しているKuPSを退団することを決断したと発表した。

KuPS側もフレディ・アドゥを7月12日の試合では起用することが出来なくなったと発表しており、選手への感謝と今後の幸運を願うコメントを掲載している。

フレディ・アドゥは1989年生まれの26歳。かつては14歳でアメリカ・メジャーリーグサッカーにデビューを果たし、”神童”と呼ばれたストライカーであったことで知られている。

しかし2007年に欧州へと渡った後は全く活躍出来なくなり、ベンフィカからモナコ、ベレネンセス、アリス・サロニカ、チャイクル・リゼスポルなどへのレンタルでも開花することが出来ず。

2012年にアメリカに帰国した後はすこし復活の兆しを見せたものの、昨年移籍したブラジルのバイーアで出場機会が与えられずに退団。

しばらく経ってセルビアのヤゴディナへ加入したが、リーグでは1試合もプレーしないまま昨年末にチームを離れ、無所属の期間を経て3月末にフィンランドのKuPSに加入していた。

だが結局ここでもトップチームでは出番がなく、リザーブチームで下部リーグを戦う状況になるなど苦しい状況が続いていた。