7月13日、『Shieldsgazzette』は「ニューカッスル・ユナイテッドのコートジボワール代表MFシェイク・ティオテは、アメリカで行われるプレシーズンキャンプに合流できなかった」と報じた。

プレミアリーグの戦いに備えているニューカッスル・ユナイテッドは現在アメリカでツアーを行っており、クラブ・アトラス、サクラメント・リパブリック、ポートランド・ティンバースと親善試合を行う予定となっている。

しかし、このツアーに中心選手の一人でもあるシェイク・ティオテが合流できず、ニューカッスル・アポン・タインに帰されることになった。その理由はビザの問題であるとのこと。

ティオテは2013年10月、偽の運転免許証を使っていたことが発覚して有罪判決を受けており、7ヶ月の実刑判決(執行猶予付き)と180時間の社会奉仕を命ぜられていた。

この犯罪歴があったためにアメリカへの入国に必要なビザが下りず、チームはやむなくティオテを離脱させることを決断したとのことだ。

ちなみにニューカッスルがこの手のトラブルに見舞われたのはこれが初めてではなく、2011年にもヨアン・キャバイ、ジョーイ・バートン、ナイル・レンジャーの三名にビザが発行されず、アメリカに入国できなかった。