ブラジル1部、シャペコエンセ対パウメイラス戦で起きた珍事が話題になっている。

前半15分、パウメイラスDFエジジオが相手FWウィリアン・バルビオをタックルを倒したとして、一発レッドカードで退場を宣告されたのだが…。

この判定を受けて一斉に審判に抗議するパウメイラスの選手たち。すると、マセド主審は副審と第4審判と何やら小話…。それからほどなくしてレッドカードは撤回になり、ロッカールームに引き上げていたエジジオが復活!

なんでも、タックルがしっかりとボールにいっている(その後ウィリアンの足に触れた)との報告を受けて、主審はファール自体を撤回したようだ。つまりレッドはおろかイエロカードも出されず、正当なタックルだったとして判定が覆ったということのようだ。

動画を見る分には確かにタックルは先にボールに触れている。主審の勇気ある英断ともいえそうだが、現地ではこの取り消しは物議を醸している。ただ、エジジオは「彼は自分が間違っていたので取り消すと言った。ミスを認めたことについて彼を讃える」などと述べていたそうだ。

なお、ウィリアンのほうにもダイブなどの行為によるカードが出されることはなかった。そして、あれだけ痛がっていたものの、88分まで無事にプレーを続けている。

この混乱で前半のアディショナルタイムが5分追加されたという試合は5-1でシャペコエンシが勝利した。