サッカーにはどうしてもシミュレーション、いわゆる「ダイブ」のイメージが付きまとう。

倒れることで自らの身を守るケースも確かにあるが、決してそうではない場面がやはり目立つ。そして、現在開催されているラグビーワールドカップで話題となったように、悪いイメージばかりが人々の記憶に残っていることは間違いないだろう。

試合で発生した酷すぎるシミュレーションの数々を改めて見てみよう。

一番恥ずかしいのは“遅効系”だろうか。とにかく、アカデミー賞でオスカー像を狙っているような演技ばかり。

試合後のビデオ判定による処分などで、いつの日かこういった行為が根絶されることを願いたい・・・。