サム・アラダイスを新監督に招聘したサンダーランドはリーグ第9節でWBAと対戦。サイード・ベラヒーノの一撃に沈められ、“ビッグサム”の初陣を白星でスタートすることはできなかった。

さて、ザ・ホーソンズで行われた試合ではこんなシーンもあった。

WBAのFWサロモン・ロンドンとサンダーランドDFデアンドレ・イェドリンがボールを競り合った場面。

イェドリンは背中に乗り上げるような形になり、頭から落ちそうになるもロンドンが咄嗟の判断で救助してくれた。激しい戦いの最中に不意に訪れたちょっとほっこりする見事な“コラボ”であった。

ちなみに、プレミアリーグでは以前にも同じような出来事があった。

背中に乗り上げたフレドリック・ユングベリ(当時アーセナルMF)が頭から落ちないように、抱きかかえたのはヤクブ・アイェグベニ(当時ミドルズブラFW)。

こちらもほっこりするいいシーンだが、芸術点はロンドン&イェドリンに軍配だろうか。