『Manchester Evening News』は「マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督は、今夏獲得したバスティアン・シュヴァインシュタイガーが本調子になっていないことを指摘した」と報じた。


かつて率いていたバイエルン・ミュンヘンで寵愛したバスティアン・シュヴァインシュタイガーを獲得したルイス・ファン・ハール監督。

その移籍金は650万ポンド(およそ12.1億円)と格安だったと言われているが、31歳のシュヴァインシュタイガーはまだイングランドでインパクトを残せていない。

それについて聞かれたファン・ハール監督は以下のように話し、まだ本物にはなっていないと答えつつも、詳細については記者の前では語らないと口をつぐんだ。

ルイス・ファン・ハール

「我々がシュヴァインシュタイガーを買った理由は、彼がチームをリードし、導くことが出来る選手だからだ。ただ単にサッカーの能力だけではない。

現在のところ、我々は最高のシュヴァインシュタイガーを見ることは出来ていない。バイエルン・ミュンヘンで見られたような調子のね。

私は、これまでの試合で彼はもっと良いプレーが出来たと思っている」

「(どのような点で?)

議論しなければならないと思っている。君とではない。バスティアン・シュヴァインシュタイガーとだ。

そうしなければ、バスティアンに対する戦術的な記事が出て、またレジェンドからのリアクションが来る。それは賢くないな。

しかし、私は彼がもっと良くなるということを知っているんだ」