『FourFourTwo』は「かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元ロシア代表MFアンドレイ・カンチェルスキスは、ルイス・ファン・ハール監督の戦術を批判した」と報じた。

2014年にマンチェスター・ユナイテッドの監督に就任して以来、大きな資金を使いながらも思ったような結果が出ていないルイス・ファン・ハール。

今季は特にそのサッカーがより守備的になったと評価されており、結果だけではなくその内容にも厳しい批判が集まるようになった。

サー・アレックス・ファーガソン体制の初期からベッカム台頭までの間活躍を見せたカンチェルスキスは、今のマンチェスター・ユナイテッドはピッチ内のリーダーを欠いていると話すと共に、監督がそのような者を求めていないのではないかと指摘した。

アンドレイ・カンチェルスキス

「マンチェスター・ユナイテッドがプレーしている方法に対しては、私はとても残念な思いを持っている。

アレックス・ファーガソンの元では、我々はもっと攻撃的なフットボールをしていたし、4-4-2でプレーしていた。

ルイス・ファン・ハールは何か違っているものを見ているようだ。それではマンチェスター・ユナイテッドのヘッドコーチではない。

私は、ファン・ハールがイングランドのフットボールを理解しているとは思えないんだ。

チームはピッチの中にリーダーの存在を必要としている。ブライアン・ロブソン、ロイ・キーン、ピーター・シュマイケルのようなね。

彼らは必要なときに正しいものをもたらすことが出来るし、質の高いリーダーシップを見せることが可能だ。

監督がそういう者を求めなかったら、その結果こういうことになるんだよ」

【厳選Qoly】なでしこジャパンの名FW大野忍が「今の選手のことを評論したくない」と語った深いワケ “冷たいと思われるかも…”

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら