なお、ザンパリーニ会長は『Il Giornale di Sicilia』に対して以下のように話しているという。

マウリツィオ・ザンパリーニ
(パレルモ会長)

「私は、パレルモがセリエBに降格して終わるところを見たくないのだ。

クラブはそれに値していない。とりわけ、そのファンはそれに値していないのだ。

我々はブレイクスルーを必要としている。ジュゼッペ・イアキーニは敗北を悔しがらなければならないし、機能していないシステムを変えるべきだ。

敗北者の態度だ。敗北主義者だ。我々は3-5-2ではなく、5-3-2でピッチに入っている。

もしそのように続けていくのならば、我々はナポリにも負けてしまうだろう。そして、3ゴールを決められるだろう。

私の監督は戦術を変えるべきだ」

「(ナポリはフランコ・バスケスに関心を寄せているらしいが?)

アウレリオ・デ・ラウレンティスがバスケスのことを尋ねてくることを願っているが、彼は既に私に聞いたことがあるからね。他に行っているだろう。

彼は現時点でヨーロッパトップクラスのトレクアルティスタだ。彼がナポリに行くことを望んでいるよ。ミランやユヴェントスではなくてね。

重要なのは、デ・ラウレンティスがそれほど値下げを求めないということだ」