先日「ボールの上を滑るようなフェイントをする選手」がいるとして大きな話題になった南アフリカ・プレミアリーグ。

その国で再びクレイジーな男が現れたと世界中が騒いでいる。

それはマリッツバーグ・ユナイテッドに所属しているベルギー人ゴールキーパー、 グレン・ヴェルバウウェーデだ。かつてクルブ・ブルッヘでもプレーした彼は、今年マメロディ・サンダウンズから加入したばかり。

ゴールデン・アローズとのカワズル=ナタル・ダービーで彼が見せたプレーは、まさに「人間魚雷」。

足下でボールを止めておき、相手選手を挑発して引き寄せ、そして自ら突っ込む!

結局これで相手にイエローカードを出させているのだから成功と言えるのだろうが・・・