イタリア・セリエAのラツィオは「ステーファノ・ピオーリ監督を解任することを決定した」と公式発表した。

後任については2014年からラツィオのプリマヴェーラで指導を行っていたシモーネ・インザーギ氏がシーズン終了まで務めることが決定している。

なお、シモーネ・インザーギ氏はこれがプロのチームでは監督初挑戦となる。

ラツィオは現在セリエAで8位につけているが、このところ調子を落としている。ヨーロッパリーグではスパルタ・プラハに敗れ、ローマダービーでも1-4と大敗した。

これを受けてクラブは2014年夏からチームを率いてきたピオーリ監督の解任を決断。残り数試合という状況で劇薬を投入することになった。