『Sky Sports』は「元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナが、ナポリはハリー・ケインを獲りに行くべきだと話した」と報じた。

今季セリエAで圧倒的な得点力を示しているゴンサロ・イグアイン。得点王はもはや間違いないと言える彼について、ナポリは一貫して放出を拒んでいる。


しかし、ナポリの伝説的な選手でもあるマラドーナは、イグアインが来季チームに残る可能性はそれほど高くはないと考えているようだ。

そして、その売却益で獲得すべきなのは、イングランド代表FWのハリー・ケイン(トッテナム・ホットスパー)であると『Piuenne TV』に対して主張した。

ディエゴ・マラドーナ

「私はアウレリオ・デ・ラウレンティス(ナポリ会長)を知っている。そして、彼はおそらくイグアインを売るよ。

イグアインは、彼のベストをナポリで見せた。そして、私は同じ調子を続けられるとは思わない。我々は既にエセキエル・ラベッシで起こったことを見てきた。

彼によって獲得出来るお金で、偉大なチームを作らなければいけないよ。イグアインを置き換えるのは簡単ではない。

もしそれを私に任せてくれるのであれば、トッテナム・ホットスパーのハリー・ケインを選ぶね。どれだけのコストが掛かるか分からないが、私は彼と契約するだろう」