『Express』は「ベルギー代表GKティボー・クルトワは、チェルシーで引退することになるとは思わないと話した」と報じた。

2011年にヘンクからチェルシーに加入し、その後アトレティコ・マドリーに3年間貸しだされていたティボー・クルトワ。

一昨年に復帰すると、ペトル・チェフのポジションを奪ってチェルシーの守護神となり、大きな活躍を見せた。

しかし、今季は彼に対しても移籍の噂が流れ、レアル・マドリーから関心が寄せられているというレポートも継続的に出されている。

去就が注目されている彼は『Sporza』のインタビューに対して以下のように答え、チェルシーで引退することにはならないだろうとはっきり述べた。

ティボー・クルトワ

(チェルシーで長期的なキャリアを形成する?)

「それを言うのは難しいね。僕は、自分がここでキャリアを終えることになるとは思わないよ。

僕はお気に入りのクラブを持っていないんだ。スペインでは、よくマドリーとバルセロナの試合を見ていたね。

ドイツではバイエルン・ミュンヘンとボルシア・ドルトムント。イングランドではアーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、そしてチェルシーだ。イタリアではユヴェントスとミランだね。

その中にひとつのお気に入りはないんだ。ただ、いつもそれらのクラブのプレーは見たいね。

僕は必ずしもそれらのクラブでプレーしたいという野望があるわけじゃないよ。すでに素晴らしいクラブにいるからね。チェルシーは常に賞賛してきたチームだ。

しかし、将来は様子を見よう」