中国1部リーグ、上海申花vs上海上港のダービーマッチでショッキングなアクシデントが起きてしまった。

上海申花のセネガル人FWデンバ・バと相手選手がもつれあうと…。

着地した瞬間の左足に相手DFスン・シャンが伸し掛かるような形になったことで、脛が完全に折れてしまった…。

見るからに重傷と分かる怪我を負ったデンバ・バ。その場で10分ほどの処置を施された後、病院へと搬送されたそうだ。なお、故意的ではなかったスン・シャンにカードは提示されなかった。

この時点で1点ビハインドだった上海申花だが、87分に追いつくと95分のPKで勝ち越して逆転勝利を収めている。だが、試合後のグレゴリオ・マンサーノ監督は沈痛な面持ちだった。

グレゴリオ・マンサーノ(上海申花監督)

「33年の私のキャリアにおいて、最も痛ましい試合だ。悲しいことが起きてしまった。 デンバ・バを失わずに済んだのなら、試合に負けることを選んだだろう」

詳しい診断結果が出る前の話として、マンサーノは医師から7,8か月間は離脱するだろうと告げられたとも述べていた。

現地では、脛骨と腓骨を骨折しており、復帰までに1年ほど要する可能性も示唆されている。