ミッドウィークに開催されたJ2第28節。

Pikaraスタジアムではカマタマーレ讃岐対ザスパクサツ群馬の試合が行われ、松下裕樹のスーパーゴールもあり群馬が1-3と勝利した。

ホームで負けられない讃岐は後半に猛攻を仕掛け、群馬ゴールを脅かす。

結局追い上げはならなかったのだが、83分にはこんなシーンがあった。

左サイドから攻撃を作る讃岐。

オーバーラップしてきた小澤雄希が渡邉大剛へとボールを渡すと、その渡邉はグラウンダーのクロスを送る。

するとニアで待っていた仲間隼斗がこれを跨ぎ、さらには中央にいた馬場賢治まで空振り!最後はファーサイドで待っていたアランが左足で合わせたが、これは惜しくもGKの正面へと飛んでいった。

DFの人数が揃っていただけに群馬としては「崩された」という感覚はなかったはずだが、それにしても2人連続の空振りはやや珍しい。意図的かどうかは一旦置いておくとして、群馬だけでなく観客たちも一瞬目を奪われたに違いない(仲間のスルーは意図的だったとして、馬場は蹴り損ない?)。

ちなみに、讃岐のゴールもなかなかの一撃だったのでご紹介。

高木和正からパスを受け取った馬場が持ち運び、暑さも吹き飛ぶこのミドルシュート!

今節はスーパーゴールが多かったため『スカパー!』が発表する「ベストゴールノミネート」には選ばれていないが、それに値するだけの得点だった。