トリノとの開幕戦では17歳の守護神ジャンルイージ・ドンナルンマの劇的なPKセーブもあり白星を掴んだミラン。

第2節では強豪ナポリと激突したのだが、2-4で敗れた。

前半に2失点したミランは、後半に一旦は同点に追いつく。だが、勝ち越しを許した後に2人の選手が退場になると、最後にとどめの4点目を奪われて万事休すとなった。

退場シーンはこんな感じだった。

▼75分、ユライ・クツカが立て続けにイエローカードを貰って退場。2枚目はパオロ・バレリ主審への抗議?

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

▼87分、相手GKペペ・レイナを掴んだエンバイ・ニアングが2枚目のイエローカードで退場に。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

試合後、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は「レイナがやったような狡猾さが我々には欠けていた」などと述べていたという。ちなみに、ナポリのマウリツィオ・サッリ監督も退席処分を下されていたようだ。

なお、本田圭佑はベンチ入りしたものの出番なし。開幕から2試合でまだ出場機会がない。