ボカ・ジュニオルスのFWカルロス・テベスが、ベルグラーノ戦でファインゴールを決めた。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

ドリブルで相手ゴールへと直進すると、ボックス外から狙いすましたコントロールシュートを叩き込んでみせた。

エースの技ありゴールに熱狂するボンボネーラ。だが、それからわずか3分後に…。

相手選手へのタックルでイエローカードを貰った直後、今度はすぐにレッドカードを貰ってしまったテベス。デルフィーノ主審に対して侮辱的な発言があったようだ。

『Ole』によればテベスは試合中に何度も相手からタックルを受けていたものの、主審がカードを出さないことに不満を感じていたようだ。そして、Fワード的な言葉を投げつけてしまった模様。

後半にはベルグラーノ側にも退場者が出た一戦は、3-0でボカが勝利している。