『Cadena SER』は「元カメルーン代表FWサミュエル・エトーは、バロンドールによって選手の勝ちは決まらないと語った」と報じた。

先日、チャビ・エルナンデスの発言から発生した論争が話題になった。

それに対してクリスティアーノ・ロナウドは反論し、チャビがバロンドールを取っていないことを引き合いに出し、その指摘には耳を貸さないと語った。

そして、それに対してサミュエル・エトーは以下のように話し、そもそもバロンドールが公正なものなら、チャビのほうがもっと獲得しているはずだと反論した。

サミュエル・エトー

「バロンドールを4~5回獲得しているからといって、それが最高だなんて言うことは出来ないよ。

もしバロンドールの選考が公正なものだったなら、チャビ・エルナンデスは5~6回はそれを獲得しているはずだからね。彼は世界全体からの尊敬に値する男だ。

チャビは敬意を欠いたことは言っていない。チャビはチャビだ。

私はいつもメッシとともにあるだろう。なぜなら、彼がやっていることを見てきたからだ。

クリスティアーノ・ロナウドがサッカーの歴史を作ってきたことは見逃せない。しかし、私は近くで見てきたメッシとともに歩むよ」