ガラタサライに所属するウルグアイ人GKフェルナンド・ムスレラの仰天プレーが話題になっている。

リーグ第6節アンタルヤスポル戦でやったのがこれ。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

相手のロングボールにゴールを大きく飛び出して対応したムスレラ。1人をかわした後のコントロールが大きくなったところに、サミュエル・エトーが詰めてきたのだが、鮮やかなフェイントで回避!

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

ガラタサライ公式もGIFを作っちゃうほどの驚きのプレーだった。

なお、試合はルーカス・ポドルスキの2ゴールなどでガラタサライが3-1で勝利している。

なんでもポドルスキは当初20分ほどのプレーを予定していたものの、ヴェスリー・スナイデルの負傷により後半45分間プレーすることになったそう。それでも「ゴールで戻ってこれたことは本当によかった。このパフォーマンスを続けるために全力を尽くすよ」と喜びを口にしていた。