『Daily Mail』は「ウェストハム・ユナイテッドの元イングランド代表FWアンディ・キャロルは、3万ポンド(およそ388万円)の犬を買っていた」と報じた。

11月2日、練習から帰る途中に武装集団の襲撃を受け、バイクに乗った2名の男性から腕時計を渡すよう要求されたキャロル。

銃を突きつけられながらもそれを無視して車を走らせた彼は、15~20分の逃走劇の末、なんとか練習場までたどり着くことに成功した。

彼が乗っていたメルセデスGクラスにパワーがあったことから、襲撃者よりも高いスピードを出すことが出来たのが肝であったという。強盗たちは警察が到着する前に姿を消した。

記事によれば、キャロルは以前から練習場で武装集団による監視を受けていることに勘付いており、襲撃も予想していたというのだ。

彼は家族を万が一の事態から守るため、警備のためにイタリアン・コルソ・ドッグという品種の犬を2頭買っていたとのこと。

その価格は一頭につき1万5000ポンド。3万ポンドもの額を投じて警備を増強していたようだ。

また、キャロルは事件後自分にも運転手兼ボディーガードを雇うことを決断したとのこと。なお、彼の週給は9万ポンド(およそ1164万円)である。